新型コロナウィルス感染症流行に伴う当院からのお願い

詳しく

座る時や立つ時に腰が痛い

会社員(デスクワーク) 50代 男性
2週間前ゴルフに行った次の日から腰痛がはじまった。特に座ったり立ったりする時に痛む。その後からずっと痛みがおさまらず、逆に痛みを感じる瞬間が増えてきている気がする。

中肉中背の男性、仕事は主にデスクワーク。定期的にジムに通っており、今までに肩こり腰痛等をあまり意識したことがないとのこと。以前一度だけギックリ腰を経験したが自然に治った。今回はずっと痛みがひかないので心配になって来院された。

慢性腰痛ではなく、きっかけが明確とはいえない腰痛が徐々に悪くなっているという経緯は、なんらかの内科系疾患を予想させるものです。この方の場合、ゴルフの翌日からということですが、当日の契機はわからないという点では注意が必要だと思いました。ただ座る時、立つ時などに痛みを感じる、いわゆる「動作時痛」という点では筋骨格系の不調である可能性もありました。

検査してみると、なんらかの外傷や疾患を疑う所見はなく、体幹前屈時に痛みの再現ができたためカイロプラクティックの適応として扱いました。結果、下部腰椎につく深層筋(多裂筋、回旋筋群)の過緊張と左側の仙腸関節(仙骨と腸骨の間の関節)に機能的な問題が見つかりました。おそらく仙腸関節の問題により足を踏ん張る際に左右の筋力にアンバランスがあり、その状態でのスイングによって一時的に腰部の筋肉に過度の負担がかかったのではないかと考えました。

仙腸関節の調整を行ったところその日に痛みは半減し、3日後の来院時には腰部の筋肉の硬化も問題のない程度に落ち着いていました。その後、週1回数度の来院で筋肉のケアを行ったところで、立つとき、座る時に起こる痛みは完全に消失したので、以降は定期的なメンテナンスを行いながら様子を見させていただくことにしました。

経験のない痛みが突然起こり、そしておさまる気配がない。不安で良くない想像をしてしまう状況だと思います。特にレントゲンやMRIに映らないものが痛みを起こしている場合は特にそうです。カイロプラクティックは、そういった痛みに対して効果的なアプローチを持ちますので、身体に心配な不調があれば、一度相談してみてください。