腰痛、ぎっくり腰へのカイロプラクティックの対処について

腰痛について

腰痛は病院の受診理由として非常に多く、加齢とともお困りの方も増加します。頭痛と同様QOL(生活の質)を大幅に下げ、同時に治療やそれによって仕事ができないなど多くの経済的負担がかかるといった特徴があります。
腰痛の種類としては、筋肉の挫傷、靭帯の捻挫のほか、背骨の変形性関節症、圧迫骨折、椎間板ヘルニア、狭窄症、すべり症などがありますが、このように病院など医療機関で原因が特定できる腰痛は全体の15%程度であり、のこり85%は原因がわからないいわゆる「非特異的腰痛」とよばれるものです。

腰痛の原因

痛みの種類は、局所の損傷によるもの、神経の障害によるものや内臓疾患などその患部とは別の箇所に痛みがでるいわゆる関連痛に大別されますが、「非特異的腰痛」では要因が単独で腰痛を構成することは少なく、通常複数の要因が重なって起こります。また近年、腰痛における構造的な問題の主なものとされてきた椎間板ヘルニアが、極端な例を除き痛みにおいては、あまり関連性がないといわれるようになってきています。以下に特別な状況によっておこる腰痛において考えられうる原因を記載しましたが、次に述べる注意点もあわせてお読みいただき、気を付けるべき腰痛かどうかセルフチェックしてみてください。

腰痛の注意点

腰痛でまず気をつけたいのは、重篤な疾患の二次的な症状としての痛みではないか、ということです。以下のような徴候は筋骨格系以外の問題に由来して腰痛が起こっている可能性があります。

  • がんの既往
  • 6週間以上続く痛み
  • しびれや足の筋力低下、排尿困難
  • 発熱
  • 理由のない体重減少
  • 夜間痛
  • 嘔吐血便
  • 突然の異常な発汗

以上のような徴候がある場合は、まず医療機関にかかることをおすすめします。そういった症状がない、すでに医療機関に相談が済んでいる方の場合は、カイロプラクティック施術の検討を行います。

カイロプラクティックの腰痛への対処

痛みを出している組織への対処とその場所に負担がかかりやすい状況の改善という両面からアプローチします。前者は、主に脊柱に近い筋肉から起立筋、腰方形筋、腸腰筋および殿筋群のリリース、後者は腰椎に隣接する関節の可動性低下により腰椎の過可動の要因と考え、股関節および胸椎の関節にアプローチを行います。

ぎっくり腰など腰痛でお困りの方へ

実際は先に述べたように様々な要因が複合しているのが腰痛の常態ですので施術は一様ではなく、多種のアプローチを重ねて行うこととなります。
急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)などもきっかけは単純でも要因は複雑であること大半です。それらすべての腰痛に対して一瞬で何事もなかったように改善させる技術は残念ながらありません。当院では、再発予防のためにもできる限り正確にお体の状態を確認し慎重な施術を心がけています。なんらかの違和感を感じた時が一番のタイミングです。ためらわず連絡ください。

 

腰に関する症例集
長時間、歩いたり立っていると腰に擦れるような痛みがある
運動した後にしばらく時間がたってから腰が痛くなってきた
座る時や立つ時に腰が痛い